倉庫作業の楽しいところ!

営業って大変かと思えば、それが好きだったり向いてる人にとっては楽しい仕事ですよ。販売や接客業などのサービス業も同じですよね。それでは物流業や倉庫業の楽しい所ってどこだと思いますか。倉庫の仕事をイメージしてみると、まず物があっちこっちに運ばれていく、そんな光景が浮かびます。人が動き回っているイメージもあると思いますが、なによりフォークリフトが活発に動いている様を思い浮かべる人も多いでしょう。倉庫では縦横無尽に荷物を運ぶフォークリフトに乗る 楽しさがあります。

フォークリフトに乗るには…

倉庫内の作業では フォークリフトの使用が不可欠です。フォークリフトが使えれば、高い場所から荷物を降ろしたり、高い所に荷物を積み上げたりすることができます。しかしフォークリフトに乗るには、リフトの運転資格証が必要になります。4日から5日間ほどの講習を受けることでリフト資格証は摂取できますよ。乗り物が好き…運転が好き…という人は、リフトの資格証明書を摂取して物流センターなどの倉庫で働いてみると楽しいですよ。

自動ラックシステムとは…?

物流センターにもよりますが、通路の幅や歩行帯、フロアごとに区切られたレイアウトだとやっぱり事故って起きにくいですよね。倉庫ではいかに商品アイテム数を確保できるかというところで、レイアウトというものがかなり重要になってきます。売れない商品は奥に詰めるとか、高く積んでおくとか、そういうことが必要になってくるんですが、そういった場合に活躍できるのが自動ラックというシステムなんです。このシステムを導入してある倉庫は自動的に入出庫することができるので非常に楽なんですよ。

物流倉庫は大規模な面積が必須ですが、最近では輸送コストや土地購入コストが抑えられる大都市郊外に立地が増えています。