青色申告と白色申告で控除できる金額が大きく違う

青色申告と白色申告とでは、いろいろな点で違いがあります。事業専従者控除についても、両者の控除額が異なるため、青色申告を選択している人と白色申告を選択している人とでは、最終的な所得税の納税額に大きな差が出る可能性もあります。どちらの申告方法であっても、事業専従者控除制度を利用することができますが、どのような点に差があるのかを見ていきましょう。

事業専従者控除とは?

個人事業を営んでいる人が、自分の家族に仕事を手伝ってもらうことはよくあることです。例えば、自営業の男性の妻が、事務員として働いていたり、仕事が忙しいときだけ補助的に手伝ったりしたりするのは珍しくありません。また、自営業者の両親が業務の手伝いをすることもあるでしょう。このように、自営業者の家族が仕事を手伝ってくれた場合に、労働の対価として給料やバイト代などの名目で報酬を支払うことは当然です。しかし、親族に対して支払った給料などの人件費は、経費に算入することができないのが原則です。ところが、事業専従者控除を活用することにより、親族に支払った給料が経費として認められるようになります。その結果、納税額を大幅に減らすことができるようになります。

事業専従者控除できる金額

白色申告をしている人が事業専従者控除で控除できるのは、配偶者の場合は年間で86万円、配偶者以外なら50万円までです。ところが、青色申告をしている人の場合には、税務署に認められた金額をすべて控除できるようになります。場合によっては、600万円、800万円までは十分に給与として認められるため、節税効果は絶大です。

事業主は、青色申告もしくは白色申告をしなければなりません。青色申告は白色申告よりも手間がかかりますが、白色申告と比べると数万円~数十万円の節税をすることができます。