プロの運転手、タクシードライバー

タクシーといったら、目的地まで運んでくれる便利なサービスっと一般的な認識でしょう。少々割高ではありますが、車を持っていない方や、田舎の環境には重要な存在になります。そのタクシーの運転手さんも、やはり、毎日運転している事だけあって、運転スキルは非常に高いです。それに加えて、お客さんの年齢、風貌、話し方や、性別から判断して、その人が好むような話題を提供して、楽しいひと時を演出してくれる運転手さんも多数存在するんです。

前をみながら、お客さんも見ていますよ

安全に、目的地まで届けるの仕事のタクシー運転手さん、その運転手は前の安全も確認しながら、後ろのお客さんの様子も確認しているんです。今回乗車された、お客さんは元気な人なのかな、や疲れているのかな?等といった事です。疲れていそうなお客さんであれば、無理に話はせずに、最短ルートで且つ、社内は静かでリラックスした状況を作り出してくれるでしょう。元気で、好奇心旺盛なお客さんであれば、その方に合わせた話題を提供して、社内を盛り上げてくれるでしょう。仕事が真面目そうなお客さんであれば、仕事について何が大事なのかっという話をタクシーの例をあげて話してくれる方もいるかもしれません。運転手さんは、外交的な方が多いので、自分から色々聞けば、その土地の知識や交通情報、更には道路の抜け道等教えてくれるでしょう。短い間といえ、狭い空間を一緒に過ごすのも何かの縁でしょうから、色々話をして楽しい時間を少しでも共有したいものですね。

役員運転手は、公的機関や企業のトップクラスの人を社用車に乗せて運転するため急発進や急ブレーキは厳禁です。また、守秘義務を負います。