カーテンが持つ役割~インパクトのあるインテリア~

カーテンというのは閉じている際、基本的に最もお部屋の面積を占め、お部屋をコーディネートする際には非常に重要なインテリアであると言えます。そのカーテンの選び方として最も簡単なのが、「部屋のテーマカラーに合わせること」。「グリーンのインテリアが多ければグリーン系のカーテンを選ぶ」というような方法は、お部屋のコーディネートをするうえで失敗が無い非常に効率のいい方法です。しかし、この方法でカーテンを選ぶとややワンパターンで地味なお部屋になってしまいがちです。この「ワンパターン」感を脱するために必要なのが、「お部屋のテーマカラー」に合わせつつ、そこから新たなコンセプトを考え、それをもとにカーテンを選ぶという方法です。

コンセプトからカーテンを選ぼう!

まず、お部屋のなかのインテリアのカラーをチェックして、そこからコンセプトを考えましょう。例えばグリーン系のインテリアが多いのであれば「森」や「自然」などといったコンセプトを考えます。このコンセプトから、グリーンに合う、かつ「森」や「自然」を演出できる「クリーム」色や「イエロー」などといったカラーや「小鳥」や「木の葉」などといった柄の有無などを考え、カーテンを選ぶことで、地味になりすぎず、かつ、まとまりのいいお部屋コーディネートをすることができます。ここでポイントなのが、カーテンは比較的他のインテリアよりも「柄もの」を取り入れてもくどくないため、お部屋のコーディネートに変化を持たせるために積極的に取り入れてみましょう。

ひもカーテンは、数あるインテリアの中でも、デザイン性が優れていることから、多くの主婦から注目が集まっています。