暮らしの中の電気製品!

皆さんのご家庭には様々な電気製品が揃っているはずです。電気製品は私たちにとって必要不可欠なものであり、電気製品の便利さには頭が下がりますよね。真夏にはクーラーは欠かせませんし、寒い冬にはファンヒーターやホットカーペットが大活躍しています。電子炊飯器、電気ポット、トースターや電子レンジなど、一日すら使わない日などないでしょう。冷蔵庫や洗濯機がない生活は私たちには考えられないはずです。今回はこうした電気製品の自作について考えてみたいと思います。

電気製品は便利ですごい!

虫歯にならないようにするため、食後に歯ブラシをしますよね。電動の歯ブラシという製品がありますが、これは通常の歯ブラシよりか何百倍も汚れを落とすことができます。部屋の空気を入れ替えるために窓を開けて風通しを良くしたりしますけど、空気清浄器を置けばウイルスやダニをも除去することができます。電気製品って便利なだけじゃなく、それを使うことで健康面にも大きく影響してくるんです。電気製品は私たちの暮らしを楽にするために、そして健康を管理するために作られているものなんですね。

便利をさらに便利にする!

電気のない時代に比べたら室内にライトがあるだけで十分便利だと言えますが、生活において支障がなくても、さらに便利さを求めていくのが電気製品と言えるでしょう。室内の明かりをつける時にはスイッチを押します。しかし、両手がふさがった状態だとスイッチを押すことはできません。手を使わなくても熱や音によって感知するセンサーをスイッチに組み込めば、自動的にライトを灯すことが可能です。日頃のひらめきはアイデアとして温めておくといいですよ。何故ならそういうことが電気製品を自作するきっかけになるからです。

最近は表面実装型の電子デバイスが多くなったため、プリント基板実装においてフロー処理が行われることが多くなりました。ただし、リード部品などは現在でもディップ手法が採用されています。