静かで集中出来る環境にあるか?

研修に参加する社員が集中してその内容を学習し物に出来るかどうかについては、参加する本人の真剣度に加え、各社員が研修の内容に集中出来る様な環境にあるかどうかも重要なポイントでしょう。ですから多くの企業は大事な研修の舞台に静かな環境の研修施設やホテルを選ぶのです。それらの環境は施設内だけでなく、建物周囲の静粛性にも優れているケースが多く、それらの施設に入る以前から社員の集中力を高められる様な環境となっているのです。

アクセス利便性は条件によるものの・・

研修施設やホテルを始め、社外の施設にて社員研修を行う際、重要なポイントの一つとしてそのアクセス利便性を挙げない訳にはいきません。新入社員の受入れ研修の際は、その施設の場所さえ知らない人が大半でしょうし、そうでなくとも行き慣れない社員は多い筈。彼等が迷わず時間に遅れる事無くアクセスする為には、最低限最寄り駅やバス停からのアクセスが短時間で済むロケーションである事が求められるでしょう。もちろん最寄駅から遠い事を考慮して一旦そこに集合し、送迎バスを利用するという方法を取る場合は心配要りません。

社内と同様の施設環境が安心感を生む

勤めている同じ会社が運営する研修センターであれば、その施設内における環境や食堂等サービスの利用方法についてもほぼ同様であり、それらの条件が一種の安心感を生み最終的には研修に対する集中力に繋がる、という事も言えるでしょう。勝手が違う施設ではどうも落ち着かないケースはあるものなのです。各種サービスへの支払いもカードリーダーにてスマートに行えるというのも魅力的ですよね。

管理職研修は座学を中心に行うのが一般的ですが、仕事で生じる可能性のあるクレームや案件をロールプレイングする事で実際に役立てる事が出来るので、集中して取り組むようにしましょう。